外国からの体験レッスン、レポート1

2007年2月12日(月・祭) ドイツの某有名スポーツ用品メーカーから、
東京へ出張に来られたデザイナーさん二人が、池坊の体験レッスンに
来られました。

英語がおできになるという事だったので、管理人のmichiが、通訳でお手伝い。

   

まずは、簡単に池坊といけばなの歴史や生け方の概要などを講義を受けてから
いよいよお待ち兼ねの実技へ。

   

  

古典的なスタイルで、いけばなの美しさを知ってもらおうと、レッスンには
生花正風体三種生けを選びました。

花材は、ネコヤナギ、コデマリ、そして、もう一種類は、何種類か
選べるようにしておいた花材の中から、何故かお二人とも赤い
チューリップを選ばれました。

"We loooooove Tulips!"だそうな。

素敵な出来上がりに、大満足のお二人。
            生けたお花に負けず劣らず、とっても、チャーミング!

左はサラさん、右は、イルカさん。

    

お二人は、デザイナーさんだという事で、自由花を生けてみますか?
と提案してみたら、

"Sure!"と一言。

さっそく、とってもうれしそうに、個性を発揮しながら、黙々と
生け始めました。

選ばれた花材は、やっぱり二人とも同じで、ボケと椿。
オクラレルカで、芸術的な演出も。

さっすが!

この2点は、陶器の徳利とともに、大事に抱えて、お持ち帰りになりました。

    

「私は短気なのよ〜」とお茶目に言いながら、とても手早く
フリータイルを生けられたイルカさんは、もうひとつおまけに、
チューリップとネコヤナギ、オクラレルカで、とっても独創的な
アレンジ。

う〜ん、これもまた、お上手!

先生から、ワイヤーの使い方なども習って、なるほどと納得。

最後は、みんなで、出来上がった作品の前で、記念撮影。

その後は、和菓子と苦くない玄米茶をたのしみながら、
しばし楽しく歓談。

    

日本も、いけばなも大好き!とおっしゃっていたお二人。
またいつかお目にかかれることを、楽しみに!

写真、文 HP管理人michi

  外国人のための体験レッスン      トップページへ戻る